« 青から赤へ | トップページ | GP仕様 »

サーボセイバー

20160417152849615

サーボセイバーの動作荷重を変える事で、ステアリングのリニア感と言うか、かっちり感と言うかが出るそうです。
(私にはよく分かりませんが(^_^;))

イニシャル荷重を調整する為には、ばねのバネ定数を知る必要が有るので、サクッと調べたら、180g/mmでした。

バネの自由長が8mmで、ノーマルのセット長が6mmだったので、ノーマルのイニシャル荷重は360gです。

セット長を短くすればイニシャル荷重が上げられるので、シム調整で好きな様にできますね(^_^;)

リニア感の出るイニシャル荷重がどれ位なのか判りませんが、差し当たりセット長5mmのヤツを組んでみたので、そのうち試しましょう。

★追記
イニシャル荷重を変える方法は、セット長を変える方法とバネ定数を変える方法が有りますが、私はセット長を変える方法が良いと思います。
なぜかと言うと、サーボセイバーの機能的には、ある加重を超えたら保持力が上がってほしくないからです。
バネ定数を大きくすると、保持力が上がってしまうんですよね。
(上の絵の赤い線)

|

« 青から赤へ | トップページ | GP仕様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179936/63498860

この記事へのトラックバック一覧です: サーボセイバー:

« 青から赤へ | トップページ | GP仕様 »