« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

ザキ

2本も殺してしまいました orz

鍛え加減が難しいですねぇ〜(^_^;)

別のメソッドを考えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の結果

20160227172129668

新レギュ(なかなか出ないですね)を睨んだ仕様で走らせて来ました。
まあ、いいんじゃないでしょうか(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内部抵抗の温度依存性

_01
雑い感じですが、まあいいでしょう(^_^;

★追記
計算式としては、R=Rref-0.054(T-30) です。
(Rrefは30℃の時の抵抗値)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標値

今回のレイアウトの目標値は以下の通りです。
(モーターは今年のレギュに合わせてあります)

・オープン

初期:9.70秒
理想:9.13秒

・オープン(え~だ部)

初期:9.45秒
理想:8.96秒

・ナロー

初期:10.98秒
理想:10.07秒

・ナロー(え~だ部)

初期:10.83秒
理想:10.10秒

・ハイマウント

初期:10.88秒
理想:9.98秒

写真(↓)のレイアウトは一部厳しい所が有るので、変更されているかも。
その時は、もう少しタイムが短くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の結果

20160220171405778

モーターが去年の仕様なので、参考。

レイアウトが予定と変わったので、目標ラップは後で計算します。
(今年のモーターでね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今回のレイアウト

20160220111645489


| | コメント (0) | トラックバック (0)

お疲れさま(;_;)

20160215184959087

Nexus7(32G)の電源が入らなくなりました orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牡蠣

20160214181122473

赤穂へ旅行に行って、お土産に牡蠣を貰って来ました。
3キロだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラップ予測(ファイナル)

レイアウトが判ったので、ラップタイムを予測してみました。

・オープン

ベスト:9.75秒
アベレージ:10.29秒

予選3分:18周
決勝4分:24周
決勝8分:48週

・JSCC

ベスト:10.59秒
アベレージ:11.13秒

予選3分:17周
決勝4分:22周
決勝8分:44周

ってなとこで、どうでしょうか?

ファイナルなら、これ以上の速さで走るんでしょうね~(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The glory of the victory will be yours !

明日からのミニッツカップファイナル2015に参加される皆さんへ。

(勝利の栄光を、きみに!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃんと抵抗測定(^_^;

測定値の安定しなかった内部抵抗測定装置を、きちんと測定できる様にしました。
バッテリーホルダーのハンダ付けを直しただけですけどね(^_^;

今までの測定値(絶対値)がいかにいい加減だったかよく判りました。
相対的にはまあまあの精度でしたけど・・・

これで、単セルできちんと比較が出来そうです。

ちなみに、
今使っているバッテリーの内部抵抗は、17mΩくらい。
半年使ったバッテリーは、54mΩくらい。
1年使ったバッテリーは、135mΩくらい。

少しずつデータを増やしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あえて書こう

ファイナル直前に開発室ブログに面白い事が書いてありますね。

>その際に6500kv以上の計測結果となり、
>なおかつ、ローターの最高磁力が3000ガウス未満の場合には車検落ちとなります。

「なおかつ」という事は、KV値が6500を超えていても、磁力が3000ガウス以上有れば車検に通るという事ですね(^_^;
で、磁力の測定方法については何のアナウンスもない。

細かいこと言うと、ガウスは磁力の単位では無くて、磁束密度の単位なんですよね。
車検する側の知識がこんなんだから、問題が起きるんだと思います。

>車検係は選手の皆さんに車検落ちをお伝えすることはとても心苦しいんです。

車検基準が曖昧だからそう感じるんですよ。
その場の判断で突然ダメと言われたら、レギュレーションを読み込んでセットしている選手は苦情を言うんです。

例えば、今回のブログで禁止にされた、

>特殊形状のベルクロのような樹脂成型品

地方予選大会で判っていたなら、もっと早く禁止のアナウンスをすべきです。
なんで、このタイミング?
中京大会の直後には告知できたのでは?

イコールコンディションと言いながら、その基準となるレギュレーションが曖昧な状態を放置しているのは問題ですよねぇ~

分厚くなってもいいから、2016年のレギュレーションブックは、曖昧な部分が無い様に、しっかりと作って欲しいと思います。

★追記
タイラップって、商品名(ちゃんと商標登録されている)ですよね。
という事は、インシュロック(これも登録商標)を使うとアウト。
もちろん、タイラップ以外の商品を使うとアウト(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はんだ不良かぁ~

内部抵抗の測定値が安定しないと思ったら、はんだが取れてました(^_^;

作り直しましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

摩擦係数の比較

LM30タイヤを20mmのホイールに装着すると、かなり引っ張った状態になります。
この状態でどの様な事が考えられるかと言うと、タイヤが硬くなってグリップ力が落ちるという事です。

ならば、グリップ力(摩擦係数)を評価してみましょうという事になるんですね(^_^;)

以前にハイグリ30の摩擦係数を評価した事が有るので、同じ様に評価しました。
その結果、

・ハイグリ30と同程度の摩擦力が確保できる。

となりました。
細かく言うと、ハイグリ30よりもμ=0.01位摩擦係数が低そうなんですが、無視しましょう(^_^;)

ちなみに、こんな傾向です。
μ=0.5279*exp(0.0136*D)
Dはタイヤ径

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活!

20160207204400393

突然、ステアリングの不調に見舞われたJSCC。
分解調査したところ、ポテンショメータが悪かったので、今回は清掃で何とかしました(^_^;)
(次は交換かな)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LM30N

2016年のレギュレーションでは、タイヤをホイールに張り付ける事が出来ないクラスがあります。
経験的に、レースで使い物になるタイヤ径では、レース中にホイールからタイヤが外れるという、大変残念な結果になるのです。

で、どうしようかと対策を考えるわけなんですが、最も単純かつ確実な方法がLM用のタイヤを使う方法です。
LMのフロントタイヤの内径は15㎜程しかないので、ホイールを締め付ける力が強く、外れにくいと考えるわけです。
ノーマル(20㎜)のホイールにLMタイヤを付けると外径が25.9㎜になるので、使える径になるまでひたすら走らせましょう(^_^;

と言うところで走る径で確認をするわけなんですが、エコVEを使うクラスで使う分には問題無いと思います。
(責任は持ちませんけどね)

23.4㎜は、え~だ部で問題無かったので、MRなら23㎜でも十分に使えると思います。
(責任は持ちませんけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の結果

20160206170007235

コンパクト、JSCC、オープンの確認メインです。

・コンパクト
ロールダンパーは問題有りません。
使うオイルを変更しながらやって行きましょう。

・JSCC
ギアデフでいいですね。
次からは、今年のレギュに合わせた仕様でやって行きましょう。

・オープン
こちらもセットは大丈夫です。
ただ、稼動機会が減って来ると思います(^_^;)
(え〜だ部やらないとねぇ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は総動員

20160206131212090


| | コメント (0) | トラックバック (0)

72mm?

先日発表されたレギュに、ボディ幅の規定が有りました。
ナロークラスは72mm以下なので、手持ちのボディを測ってみると・・・

・NSXはNGです。
・インプレッサもNGです。

リアフェンダー部が72mmを超えています。

で、「測定位置はここなのか?」という疑問の元、別の場所を測ってみると、ミラーの部分が規定幅を超えている物が・・・

・FT86はNGです。
・R35はNGです。
・FC3SはNGです。

どうなるんでしょうね?

★追記
エアロを付けたFT86は、リアフェンダー前が72㎜を超えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーダー論

20160204194302101

どうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年を予測する

クラスが発表されたので、少し今年の予測をしてみました。

・関東 :150~177人
・九州 :65~80人(ここだけ減少傾向のまま)
・北海道:123~151人
・関西 :148~185人
・中京 :157~209人

全体的には、2013年レベルまで参加人数が増えるかもしれませんね。

どのクラスが人気になるのかは、過去のデータからは予測不能なのですが、エコVEを使う3クラス(コンパクト、ナロー、ワイド)の参加人数が多いのではないかと思います。
参加人数の6割くらいは、この3クラスなんじゃないかな?

鳴り物入りでアナウンスされたグランプリクラスについては・・・(^_^;
まともな精神の持ち主なら、参加しないでしょうね。
このクラスに参加しても、デメリットが多くてメリットがほぼ無いと思います(爆)

再来週は2015年のファイナルですから、レギュとかいろいろと公開されると思うので、どんな内容になるか楽しみです(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

基礎セッティング

20160201151420346

Zeng04_2

計算をしまして、この様な初期値になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »