« KV値を取込み | トップページ | どちらでもなく »

f(G)

f(G) = A x G - B x V x G x G

という事で、脱磁すると回転数が上がります。

理想は、回る(Aが大きい)缶と磁力が強い(Gが大きい)コアを組合せて、f(G)が大きくなる様にする事。

脱磁(Gを小さく)して、回転が上がって(Vを大きく)も、f(G)が小さくなっては、意味がありません。

|

« KV値を取込み | トップページ | どちらでもなく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: f(G):

« KV値を取込み | トップページ | どちらでもなく »