« これか? | トップページ | 前日練習 »

確からしさ

VEモーターとエコVEモーターの性能の違いを生んでいる要素は、コイルの裏側に入っている鉄心の幅なのではないかと思うのです。
モーターを分解して測ってみないと正確な事は判りませんが、推測を行ってみました。

まずは、鉄心の幅を測定。
これは、モーターの外側から磁石を付けてみる事でだいたい判りました。

・VEモーター:約12mm
・エコVEモーター:約10mm

±1mmくらいの誤差はあるものと考えましょう(^_^;

鉄心の幅が違うという事は、モーターの重さも違うはずです。
キッチンスケールで量ってみると。

・VEモーター:約20g
・エコVEモーター:約19g

こちらの誤差は±1gですが、VEの方がエコVEよりも重いという事が判ります。

これらに対して、計算上の推測を加えていきます。

まずは、鉄心を以下の様なものと想定します。

・外径:14mm(共通)
・内径:11mm(共通)
・幅:12mm(VE),10mm(エコVE)

重量差を計算すると、0.9gと解答が得られます。
実測と良く合っていますね。

次に、KV値からの推測。
VEモーター、エコVEモーターのKV値は、メーカーデータでは以下のとおり。

・VEモーター:8,400
・エコVEモーター:5,600

単純に比を求めると、1.5になります。

ここで、とつぜん頭の中で誰かが言うのです(^_^;
「平方根とってみたら?」

すると、√1.5は・・・
なんと言う事でしょう、1.22になるじゃありませんか!

VEモーターとエコVEモーターの鉄心幅の比は1.2です。
これまた良く合いますね(爆)

ついでなので、ホビショモータ(灰色)の鉄心幅を予測。
KV値は9,500位だったと思うので、KV値比が1.7で鉄心の幅比は1.3となり、

・鉄心幅:13mm
・重量:20.5g

だと思われます。

さらに、工業製品としての誤差を推測。
鉄心幅の製造誤差を±0.3mmと考えて、エコVEモーターの上限下限のKV値を計算すると、以下の結果になりました。

・上限:5,940
・下限:5,270

当りのエコVEモーターはKV値が6,000位と言われているので、これも合ってるのではないかと思います。

雑な実測と計算ですが、いかがでしょうか?
これが正しければ、モーターの当たり外れは簡単に判りますね。

「カップが終わってから、ちゃんと実測したいな~」と思ってます。

|

« これか? | トップページ | 前日練習 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確からしさ:

« これか? | トップページ | 前日練習 »