« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

McLaren12C

20141130172536699

部品が間違って入っていて凹みましたが、形にはしました。
諸言を調べると、F458より若干イイかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

品質悪すぎ!

マクラーレンを塗装していたら、違和感が・・・

20141130130735462

ライト部品が無くて、コレが二つorz

VEモータといい、マクラーレンといい、変な物ばかり掴ませられてる。
MA020VEは、大丈夫か?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

興味深い結果

今日は、ラジアル30(ワイド)とグリップ剤の効果をテストして来ました。

なかなか興味深い結果が得られたので、少し考察します。
(中京大会にフィードバックしたいなぁ~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MA020VE(本物)

20141129101033423


| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤの使い方

こんな具合を予定しています。
20141127221853749


| | コメント (0) | トラックバック (0)

X3500

ミニッツのジャイロって、エプソンなんですね。

軸の向きが確認できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lolipop

Nexu4にもAndroid5.0が来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目安

今回のレイアウトでの見積もりです。

20141122

いかがでしょうか?

レイアウトに慣れて、きっちりライン取りができれば、ベストラップは7.76秒です(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

測定機器

タイヤのグリップを評価するために準備してみましたが・・・

20141122162648146

全く役に立ちません(^_^;)

追記(2014.11.23)
機器の問題ではなく、使用方法の問題でした(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確認OK

20141122111438383


| | コメント (0) | トラックバック (0)

斬新?

20141122104410463


| | コメント (0) | トラックバック (0)

できたよ。

回るようにはなった。
20141121194312750

でも、イマイチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バージョンアップ

Android5.0
20141119204019616


| | コメント (0) | トラックバック (0)

京商クオリティ(-_-;)

カップの予備モーター用に買ったVEモーター。
当日、トラブルの有った知り合いに貸そうとしたら、回らない。
開けてみると、こんな具合。
20141117220657900

半田付けできてないし・・・
しっかり品質管理して下さいよ。

お客様サービスに連絡するのが面倒なので、これ位は自分で直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィードバック

カップの成果を計算式にフィードバック。

今回はジャイロの設定値を決める計算式を見直しました。
(今回の設定は、いいとこ行ってましたよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考察した

2014_01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偏差と熟達率

昨日の目標値は、偏差:0.30、熟達率90%で計算しました。

今日の結果を評価してみると、

・偏差:0.47
・熟達率:83%

でした。

ベストラップが出せても、平均値が高くないとレースではダメなことが、改めて判りました。
精進します(^_^;

ちなみに、代表権取る様な人は、偏差:0.25、熟達率90%位です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の結果

20141116152236828


20141116152243445

皆さん頑張りました。
今までに無い、面白いレースでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決勝組合せ

20141116134257207

まあ、順当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予選2回目

20141116131817201


20141116131825264


20141116131838119


| | コメント (0) | トラックバック (0)

予選1回目

20141116121440455


20141116121448675


20141116121457132


| | コメント (0) | トラックバック (0)

猛獣揃い

20141116111539633


| | コメント (1) | トラックバック (0)

今回もこれで

20141116094112803


| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日のコース

20141116083114459


| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標値

明日の目標値を書いておきます。

・予選:17周 3:02.75
・決勝:45周 8:03.74

さて、どうでしょ~うか(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LEXUS

知り合いに連れられて、LEXUSのディーラーへ行って来ました。

「さすが高級車取扱店」と言いたいところですが、とっても残念な事に気が付いてしまったのです。

・接客する時に、膝を床に着けるのはいかんよ。

なんか、とっても品の無い格好に写りました。
客に対して、そんなに低い態度をとる必要はありません。
接客のプロとして、きちんと接してもらえば良いのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前日練習

今日からミニッツカップ(関西)です。

私はオープンクラスに参加するので、本番は明日。

という事で、今日はWMLへ練習に行って来ました。

ちょっと不安材料が残りましたが、明日は頑張れそうです。

バッテリー充電して、早く寝ます(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

確からしさ

VEモーターとエコVEモーターの性能の違いを生んでいる要素は、コイルの裏側に入っている鉄心の幅なのではないかと思うのです。
モーターを分解して測ってみないと正確な事は判りませんが、推測を行ってみました。

まずは、鉄心の幅を測定。
これは、モーターの外側から磁石を付けてみる事でだいたい判りました。

・VEモーター:約12mm
・エコVEモーター:約10mm

±1mmくらいの誤差はあるものと考えましょう(^_^;

鉄心の幅が違うという事は、モーターの重さも違うはずです。
キッチンスケールで量ってみると。

・VEモーター:約20g
・エコVEモーター:約19g

こちらの誤差は±1gですが、VEの方がエコVEよりも重いという事が判ります。

これらに対して、計算上の推測を加えていきます。

まずは、鉄心を以下の様なものと想定します。

・外径:14mm(共通)
・内径:11mm(共通)
・幅:12mm(VE),10mm(エコVE)

重量差を計算すると、0.9gと解答が得られます。
実測と良く合っていますね。

次に、KV値からの推測。
VEモーター、エコVEモーターのKV値は、メーカーデータでは以下のとおり。

・VEモーター:8,400
・エコVEモーター:5,600

単純に比を求めると、1.5になります。

ここで、とつぜん頭の中で誰かが言うのです(^_^;
「平方根とってみたら?」

すると、√1.5は・・・
なんと言う事でしょう、1.22になるじゃありませんか!

VEモーターとエコVEモーターの鉄心幅の比は1.2です。
これまた良く合いますね(爆)

ついでなので、ホビショモータ(灰色)の鉄心幅を予測。
KV値は9,500位だったと思うので、KV値比が1.7で鉄心の幅比は1.3となり、

・鉄心幅:13mm
・重量:20.5g

だと思われます。

さらに、工業製品としての誤差を推測。
鉄心幅の製造誤差を±0.3mmと考えて、エコVEモーターの上限下限のKV値を計算すると、以下の結果になりました。

・上限:5,940
・下限:5,270

当りのエコVEモーターはKV値が6,000位と言われているので、これも合ってるのではないかと思います。

雑な実測と計算ですが、いかがでしょうか?
これが正しければ、モーターの当たり外れは簡単に判りますね。

「カップが終わってから、ちゃんと実測したいな~」と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これか?

VEとエコVEの違い。
判った様な気がする。

が、確認するのはちょっと費用的にきついな・・・(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルミスリーブ、ダメかもよ。

昨日の練習で気が付いた事。

・ストレートが遅いぞ!

タイヤの径が小さかったせいかと思って計算してみると、そんなに遅いはずがない事が判りました。
で、何がおかしいのか考えると、思い当たるところが・・・

・アルミスリーブの有無か?

という事で、もしアルミスリーブが悪さしているとしたら、どういう理由が成り立つのか考えてみました。

すると、スリーブに発生する誘導電流による磁気なのではないかと・・・
アルミが結構大きいので、誘導電流が発生してコイルの通電を妨げると考えると、なんとなく納得できます。

スリーブの有る無しでちゃんと調べないとはっきりした事は判りませんが、判るまではレースで使わない方が無難かも(^_^;

#ついでに面倒くさい事に気がついたので、こっそり書いとく。
#カップのレギュって、「1度分解したモーターは使用できません」なんだよね。
#という事は、スリーブ変えたらアウトだよね(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布教活動(^_^;

パンフレットが判らないとお叱りを受けたので、判りやすく直してみました(^_^;

_01

情報量は大幅に減ってますが、重要な数値は残してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本番用

本番用のタイヤを用意しました。

20141109201113967

次の土曜日に仕上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

理想ラップ

今日のレイアウトでの理想ラップを計算しました。

・7.64秒

です(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レース中止

今日は、三田でレースの予定だったのですが、参加者が集まらず中止となりました。
もう、レースは無理かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四本目

20141108130910338

いいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三本目

20141108123218834


| | コメント (0) | トラックバック (0)

二本目

20141108113340325


うむむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一本目

チャンプが8.5秒ときいているので、挑戦中(^_^;)

20141108110215736

計算では、8.6秒です。
(8.3秒と予測したのとレイアウトが少し違った)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

内部抵抗の閾値

ふと思いついて、バッテリーの内部抵抗はどれ位がいいのか予測してみました。

評価の仕方が2種類あって、それぞれの数値は以下のとおり。

・152mΩ以下
・67mΩ以下

上の数値は以前にバッテリーの性能を評価していた時の数値に近いので、現実に合う評価方法なのではないかと思います。
下の数字は、タイムを詰めるためにバッテリー性能を詰めていく場合に利用できそうな評価方法なのではないかと思います。

だれかIQ-4X貸して~(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不評だった様で・・・(^_^;

超絶テクニックな皆さんにはちょっと簡単すぎるレイアウトだった様です。
早速変更されてました(^_^;

新しいレイアウトの予想ラップは8.3秒なんですが、どれくらいが出るんでしょうか?
(店長~。情報求む(^_^;;;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さすが、サンダース

昨日の練習でベストラップを出して帰ったんですが、夜の部で抜かれちゃいました。
ブランクがあるとは言え、さすがですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結構な手間が・・・

早速、スリーブを交換しました。

20141101192143775


なんと言うか、結構大変(^_^;)

スリーブの加工が浅い(0.2mm位)ので、缶側を削る必要があるし、コアが突っ張ってしまうので、スペーサーを削る必要があるし・・・

機械系の得意な人はいいかもしれないけど、そうじゃなくて苦労する人が多いんだろうなぁ〜

| | コメント (3) | トラックバック (0)

モータスリーブ

20141101172547811

さて、どうでしょ〜うか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

練習、練習

今週も、ラジ天三田へ行って来ました。

行ってすぐにレイアウト変更(^_^;
中央のセクションをS字の連続にしてみました(写真は取り忘れ)
ベストラップの設定は7秒です。

カップレイアウトは、大きめのコーナーが多いので、その練習になるのではないかと思います。
(来週は、1コーナー側を変えましょうかね)

メインで走らせたのは、オープンクラス用のLaFerrariです。
調子はいいですよ。
ベストラップも出るし、気持ち良く運転できます。
(あ、7秒はでません。7.2秒台です)

その他にも、ナローの86と、オープンえ~だ部のLaFerrariを走らせました。
こっちは、どちらもイマイチでした(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »