« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

ボールデフのLSD

もうね、細かいところが気になってきちゃうんですよ(^_^;

昨日の続きを考えていたら、「ボールデフのLSD効果ってどういう事だ」なんて疑問が・・・

で、考えてみたら、「なるほど」と思うところがあると同時に、「意外と大したこと無いな」と思うわけです。

どんな思考をしたのかは、聞かれたら答えます(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

左曲がりの

本当の原因が判ったような気がする。

でも、そんなに微妙なものなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最先端情報

減衰を含めた計算が出来たので、公開(^_^;

オープンクラス
Mr03wlmvelaferrari_01

ナロークラス
Mr03nrmeve86_01_2
(モーターの設定を間違っていました(^_^; 20:30)

オープン用え~だ部
Ma020wdwsvelaferrari_01

基本的なセッティングとラップタイムの目標を知るには、十分な計算精度です。
え~だ部の可能性も見えているので、MA020VEが発売されたらチャレンジしていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相似性

いろいろな数字に27を掛けたり割ったり。

意外な相似性が見つかって面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悪い予感・・・

私のオープンクラス車は、ちょっと特殊な仕様なので、マクラーレン12Cのボディが載らないんじゃないだろうか?

ルーフの形状が、ラ・フェラーリより低いor狭いとダメだろうな・・・
(エンツォは載りません(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2x2x3

今のレイアウトを基本にして、新しいレイアウトを考えました。

全体を3つに分ける事で、組み合わせのバリエーションが出来てます。
毎週変えても中京大会が終わるまで持ちますよ(^_^;

ちなみに、今のレイアウトは一周8秒ですが、7.5秒~8.7秒の組み合わせが出来る予定。

次の土曜日は真ん中のセクションを変えたいなぁ~
(一周7.9秒の予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これはイカン!

どうも動きのおかしいえ~だ部ですが、基本的なところを間違っていた様です(^_^;

ステアリングのハイポイントやパンチの設定が全然違うみたい・・・

設定を直してみたので、次回の走行で確認します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三田で練習

今週も三田で練習。

先週はうさぎさんでしたが、今週はたくさん人が居て楽しかったです。

オープンクラス用のLaFerrariは、先週と同じ様なタイムが出てました。
ナロー用の86は、悪くないけど限界が低い感じ。
え~だ部のLaFerrariは、全然ダメ(^_^;

それぞれ計算と実走が合わないところがあるので、フィードバックをかけます。

カップの本番も近づいて来たし、オープンメインで調整します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早速86(^_^;

2014102186

フリクションに減衰を持って行かれるので、ピッチングのオイルダンパーは要りませんね(^_^;

まあ、動きの味付け程度にはなると思いますが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンパーセット

初回の計算結果。

20141021

ピッチングは、今の番手がいいところに行っている事が判りました(^_^;

ロールの方は、減衰が過剰ですね。
まあ、隙間が小さいので、計算値よりも番手を上げた方がいいんですけど・・・

フリクションダンパーを使ったセットも計算できるはずなので、86で計算&実走確認してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100Hzと8Hz

ついに、減衰の項へ手を出しました(^_^;
細かい計算は面倒なので、「傾向が判ればいい」って程度ですが・・・

でも、興味深い結果が出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒い物体

20141019163027908

嫁スマホに付いてきた(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のセット

Laferrari

今までのやつに、プロポとICSのセットが追加されてます。
(あ、ステアリングジャイロの値は最終の計算結果で、検証してません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六本目(達成!)

20141018143750307

本日の目標達成!
(8秒切る)

一発ですが、計算値に近いラップも出たから満足です(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五本目

20141018134627921

リアタイヤが終わったので、換えました。
8秒は切れませんねぇ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四本目

20141018130007778

スロットルのジャイロは触らず、ステアリングのジャイロを71→81にしました。
一箇所転ぶので対策です。
数値は、最大切れ角と加速時切れ角の差から計算しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三本目

20141018123325698

ニュートラル幅が違っていたので、ジャイロを95→101にしてトライ。
同時にステアリングのハイポイントを触ってます(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二本目

20141018112327114

スロットルジャイロを、117→95にしてみました。
(95はニュートラルを考慮した数字です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一本目

20141018104524768

先日計算したセッティングです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイポイント、カーブそしてジャイロ

ハイエンド(?)プロポ使ってるし、ジャイロなんていう便利な物も付いているので、うまく使えないか考えてみました。

まずは、ステアリングのハイポイントとカーブの関係。

計算上は「これ以上切れない方が良い」というところがあるので、ハイポイントを落としつつ、初期の切れを確保するためにカーブをプラス側にセットします。
当然、具体的な数値は計算で出します(^_^;

私のLaFerrari(03VE)だと、ハイポイントを65→61に下げて、カーブを-5%→+12%に設定すると良さそう。

次に、ステアリングのジャイロ。

どれくらいの補正舵が妥当なのかよく判らないので、さしあたって減速時と加速時の切れ角の差(5度位)を使って求めてみました。

ステアリングのジャイロ設定は、71です。
先週のレースは60だったので、少し補正舵を強くします。

最後は、スロットルのジャイロ。

コーナリング中に駆動力をかけても、加速できる速度には限界があるので、そこまで速度を落とす設定にします。
最高速から43%ほど落としたいので、ジャイロの設定を117まで上げます。
ちなみに、先週のレースでは10だったので、大幅にジャイロを効かす事になります。

この設定で、コーナリングが少し楽になるはず。
楽になった分、ラップタイムが縮んだり、ミスが減る事を期待しています。

計算式は実走のフィードバックを入れながら精度を上げていきますよ。
(そんなに上手くいくのかなぁ~(^_^;)

#LaFerrari(03VE)の他に、86(03EVE)もこの思想でセットを変えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完成?

20141013213045094

足らない(69号)のは、電源線とバッテリーでしたorz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

転倒防止

カーペットでは転倒しなかったのに、ウレタンでは転倒します。
転倒しないセットになっているはずなのに・・・

で、何がその差を生んでいるのか考えると、思い当たるところがありました。

たぶん、ハンドルが切れすぎなんです。
カーペットでは曖昧にできていた部分が、ウレタンではできない。

なら、ハンドルが切れなくすればいいんですよ。
(実際、その様に調整してましたし・・・)

具体的な数字として計算が出来そうなので、次回の走行で試します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標値

本日のレイアウト。
ベストラップの目標値は・・・

・7.87秒@オープンクラス

となります。

初日のレコードが、8.07秒なので、がんばって詰めましょう(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の結果

久しぶりのウレタン路面でのレースでした。

結果は以下のとおり。

・オープンクラス:4位(6人)
・ナロークラス:5位(6人)

カーペットには無い難しさが楽しかったです。

カップに向けて、セッティングを頑張りましょう(^_^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は、この2台で

20141012141903919

路面がウレタンに変わったので、え〜だ部から03に変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのウレタン

20141012113931201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空力デバイスその二

20141011192206697

試すだけです(^_^;)

追記(2014/10/13)
効果が有る様な無い様な・・・
もっと試さないと判りませんね(^_^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妖怪ウォッチが目的では・・・

20141010211153253

言い訳、言い訳(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わりが見えた

20141008214014221

69がぁ〜!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱりか(^_^;)

空力向上を考えたら・・・

20141008191319232

ウエイト積んだのと同じになった(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミニッツと空力

「ミニッツで空力なんて・・・」という意識だったのですが、「本当にそうなのか?」という疑問が突然湧いたので、考えてみました(^_^;

「空力」って言うと、「ウイングでダウンフォースを得る」というところに行きがちなんですが、基本に戻ります。

・なぜ空力が必要なのか?

タイヤのグリップ力というのは、「路面とタイヤの摩擦係数」と「タイヤを路面に押し付ける力」で決まります。
摩擦係数は簡単に変えられないので、押し付ける力を大きくしたい。
車重を重くしてもいいんですが、そうすると加速が悪くなったり、遠心力が大きくなってコーナリングに影響が出る。
だから、空力を使って押し付ける。

と、なるはずなんです。

まず書いておきますが、ミニッツって「グリップを確保する」という意味からいうと、ダウンフォース要りません。
重すぎるんです(^_^; ←150g位まで軽量化すると要るかも。

押し付ける方法は2つ。

1.上から押し付ける
2.下から引っ張る

上から押し付ける方法は、これまで通り「ほとんど効果が期待できない」です。
0.2~0.4gくらいの効果が得られればいい方でしょう。
(空気を受ける面積が小さすぎますね)

下から引っ張る方法は、圧力を使います。
ボディの中が外よりも低い圧力になれば、路面に押し付ける力が発生するというわけです。
こっちは、少し期待できて、最大2g位の効果が得られそう。

「たった2gか~」と思うでしょうが、耐横転性という面でみるとかなり効果的です。
転びにくいのは精神的にかなり楽ですし、ラップタイムが4/100秒くらい縮みそう。

具体的にどうすれば実現できるのかはよく判りませんが、こういうアプローチも面白いのではないかと思います。
(誰か試して~(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクラーレン 12C予想

従来のボディよりも、4~5g軽いという噂の、マクラーレン 12Cの基本特性を予測してみました。

アウディ R8の特性を元に計算してみると、LaFerrariより3/100秒くらいラップが速くなりそう。

私にとっては誤差で無くなるタイムだけど、エキスパートには有効なボディになるのかな?

関西大会には間に合うんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フロントデフ

え〜だ部のフロントデフに、新しいアイデアを投入してみました。
滑りの状態を調整しやすくします。

組込み確認の結果は良さげです。
実走確認は次回の走行で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4箱目

20141005174050250

まだまだ有ります。
 m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0.1秒差

20141005173500206

左がMR-03、右がMA020。
ベストラップの差は0.1秒ですが・・・

え〜だ部って、キビシイわぁ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イイですよ。

今日は、少し遅い時間帯です。

20141004161605387

路面が薄くて、タイムは出てませんが・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »