« 最適解に近づける | トップページ | ハウステンボス »

導出

ピニオンを7Tから6Tにする場合、重量の増加はどこまで許容できるのか。

・今の車重が190gだとすると、221gまでは大丈夫そうだ。

では、どの様に重くするのか。

・駆動力が大きくなるので、リアを重くしなければならない。

では、どこに重りを載せるのが良いか。

・シャシーならモーターマウント、ボディならボディマウント部とディフューザー部がある。

どこが効果的か。

・ディフューザー部が最も効果的である。

それはなぜか。

・モーターマウント部ではサスの動きを阻害するし、ボディマウント部では重りの量が多くなるからだ。

ディフューザー部に何グラムの重りを載せればよいか。

・最低8g載せれば良い。

という事で、その様な仕様を作ってみました。
昨日の仕様よりも0.2秒ほど速くなる予定です(^_^;

ただ、実走テストできるのは、来週ですorz

|

« 最適解に近づける | トップページ | ハウステンボス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 導出:

« 最適解に近づける | トップページ | ハウステンボス »