« 今日の晩ご飯 | トップページ | イモ »

分解する前に

ラリークラスで使ったシャシーを、グリップ車に戻す前に、セッティングを覚書。
Img20130610_182309
できるだけグリップするドリ車というのがコンセプトです。

たぶん、軽量化と逆の方向に行っているのは、私だけ(^_^;
グリップを稼ぐために、車重を重くしています(総重量210g超!)。
ただ重くするだけでは、滑り出したら止まらない車になるので、重心を挙げてロールでの荷重移動を利用します。
屋根裏に載っているのは、10gもあるウエイトです。
(貼る位置によってヨーの具合が変わります)

重心が高くても、ドリフトタイヤで食いゴケする心配は無いので、下側は全部プラ。
(ピニオンは、レース中に抜けると嫌なので、アルミです。ギア比は17/29)
シャシーの左右バランスをとるウエイトも、できるだけ高い位置に乗せてあります。

ウエイト搭載のコツは、前後車軸の内側に載せる事。
車軸の外に載せると、回り出したら止まりません。

ロールやピッチングの荷重移動を利用するため、ボディはホイールベースが短くて幅も狭くて車高の高いランチャデルタです。

荷重移動とリバウンド確保のため、スプリングはフロント赤、リア紫のイニシャル1mmの軟目セット。
これ以上柔らかいと、ボディの重さに耐えられません(^_^;

駆動系は、前がワンウエイで、リアがギアデフ。
ドリフトのコントロールは、リアの独立ブレーキが肝です。
(三田の二階での練習が役に立ちました)

直進性を出す為に、フロントは2のタイロッド、リアはCにしてあります。
(この組み合わせが一番加速する)

フロントのキャンバーは4.5度にして、タイヤ接地位置による幾何学的旋回性を出しました。

電気的には、ステアリングジャイロが180くらいで、スロットルジャイロが70くらい。

これで全コースウレタンなら良かったはずなんですが、アクリル路面を作られては、荷重移動の使えるグリップ力を得ることは出来ず・・・撃沈でした。
(この部分では、重くした事が悪影響orz)

コースへの習熟度がもう少しあれば、Cメインくらいは目指せたかなぁ~
まあ、結局、人間の性能が悪かったのよ・・・(爆)

 

|

« 今日の晩ご飯 | トップページ | イモ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179936/57563810

この記事へのトラックバック一覧です: 分解する前に:

« 今日の晩ご飯 | トップページ | イモ »